当院長、魔女の一撃をくらう!!!(ぎっくり腰)③

やっと椅子に座れるようになってきたので続きを書きます。

 

今回はぎっくり腰のしんどさについてです。

 

ぎっくり腰の経過として

①最初の3日間は動くことができない(痛み、力が入らない)

②4日目からは痛みはあるものの歩けるようにはなる

③1週間~10日程すると痛みが大分軽減され力も徐々に入るようになる(過度の動きはまだ無理)

 

とにかくしんどいのが最初の3日間です!

ぎっくり腰の特徴として痛み+腰に力が入らない(腰が抜けるような感覚)があります。

まず動けません!立てません!!

故にトイレに行きたくなっても着くまでに10分以上かかり正直もらしそうになります。

本当にしんどい時はおむつをつけようかとも考えた程です。

 

体勢は1、寝る 2、立位 3、座るの順に楽ですが、基本寝たきりになります。

立位より座位のほうがしんどい理由として、立位は腰(骨盤)、両脚の三点で体重を支えるのに対し

座位は痛みのある腰(骨盤)にほぼ体重が乗るからです。

 

ぎっくり腰になると腰や骨盤が様々な動作でいかに働いてくれているかを

痛感します。寝てだまっていれば痛みはさほどでもありませんが、

少しでも動こうとするとすぐに痛みが走るからです。

 

ではぎっくり腰になったらどうするべきかを次回書きたいと思います。

                         弘前 藤田カイロプラクティックオフィス 藤田 佳久